ゲスト紹介

5周年記念スペシャルライブ

pickup_takagiboo_page

1bDQCL566.FH1A
1996年、63歳でのソロデビュー以降、ウクレレブームのパイオニアとして音楽活動を続け、現在は82 歳となったウクレレの “カミナリ様”。ドリフターズ時代には、船橋のこの地にかつてあった「船橋ヘルスセンター」で「8 時だョ!全員集合」の収録が行われていたこともあり、高木ブーにとってもここはゆかりの地である。今年6月には初めてのベストセレクションアルバムであり、ソロ活動の集大成ベストとなる『Life is Boo-tiful』を発売。ハワイアンの定番曲から、ビートルズやエリック・クラプトンのハワイアンカヴァー、吉田拓郎作曲によるオリジナルシングルまで全18 曲を自らセレクト。ソニーミュージックのネットショップ Sony Music Shop オーダーメイドファクトリーのみで絶賛発売中。

5周年記念スペシャルライブ
ゲスト 高木ブー <Boo Takagi>
時間 11:00~
ステージ 親水公園メインステージ

 

ハーラウ・ラウラーナニ

リノラニあゆみ先生
福島県いわき市小名浜を拠点とするハラウ。
ハラウを率いるリノラニあゆみ先生は、元スパリゾートハワイアンズのダンサー。
豊富なステージ経験から、見応えあるショーを地元のみならず全国各地に届けている。
リノラニあゆみ先生
ハーラウ・ラウラーナニ
ステージ予定 13:35~13:55 親水公園会場メインステージ
15:30~16:00 ららぽーと会場 中央広場ステージ
17:20~17:40 ビビット南船橋会場 アトリウム広場ステージ

 

ウクレレステージ

ウクレレファン必見!ウクレレ世界チャンピオンなど、豪華なプレーヤーたちが集結!

渡辺海智 <Daichi WATANABE>
時間 15:40~16:10 (ビビット南船橋会場 アトリウム広場ステージでもライブあり、11:15~11:25)
ステージ ららぽーと会場 かいだん広場
2003年10歳でウクレレと出会う。
アメリカンエクスプレス LET’S PLAYUKULELE CONTEST にてオリジナル曲「kaikea」でJAKE SHIMABUKURO特別賞を受賞。 2013 年2 月ハワイで開催された第3 回インターナショナル・ウクレレコンテストにてオリジナル曲「Lealea」でアダルトソロ部門優勝。合わせてHONOLULU KZOO Radio 賞受賞。2015年6月に2ndアルバム「New World」をリリース。
BOUND FORSUMMERSONIC2015 に出場し決勝に進出するなど多方面にて活躍の幅を広げている 現在、様々な楽器とのコラボレーションや作曲・編曲、ワークショップ、ライブ等活動中。
渡辺海智
JazzoomCafe <JazzoomCafe>
時間 16:20~16:50 (ららぽーと会場 中央広場ステージでもライブあり、12:40~12:50)
ステージ ららぽーと会場 かいだん広場
元・総合格闘家の超絶ウクレレプレイヤー。
この世のモノとは思えない高速な演奏で、 2011年ハワイ国際ウクレレ コンテストで日本人初のMVP受賞。
地元ハワイの新聞に掲載される。ニューヨーク、韓国、台湾、タイ、サイパンのウクレレフェスティバルにゲスト出演。 2012年10月に自身のウクレレ教室「ハピレレ音楽教室」を開校。 2014年4月にはウォルト・ディズニー・レコーズのCDアルバムにも参加。
同年5月に3rdアルバム「ウクレレ魂」を発売!
JazzoomCafe
勝 誠二 <Seiji KATSU>
時間 17:00~17:30 (ビビット南船橋会場 アトリウム広場ステージでもライブあり、15:20~15:45)
ステージ ららぽーと会場 かいだん広場
日本でトップクラスのウクレレプレイヤー。
あらゆるジャンルを超越するロックでポップなウクレレは唯一無二。
2014 年8~9月NHK みんなのうた「南の島のココナッツ」オンエア。教則本やDVDをはじめ、アレンジが素晴らしいと評判の曲集を海外でも出版。
現在では海外での活動も増え、各国での勝のパフォーマンスにファンが急増中。2014 年発売の5thCD「KATZ sings HULAvol.1」が、前作に引き続き2年連続でハワイのグラミー賞といわれるナ・ホク・ハノハノ・アワード・インターナショナル部門にノミネートされる。現在、初のベスト盤を製作中。
勝 誠二

 

夕暮れステージ

チームウクレレ <Team Ukulele>
かいだん広場でのパフォーマンスを終えたウクレレミュージシャン達が集結し、全員でのLIVE!
豪華なメンバーによる演奏で昨年も大盛り上がりし、今年も迫力満点のステージに。
チームウクレレ
Ka Poi <葛西Chang/Nami/岡田央>
三人の日本人ハワイアンシンガー(リードヴォーカリスト)が集結した強力ユニット。
(それぞれのプロフィールはMC欄参照)どこを切っても「金太郎飴?」のような、誰の歌を聴いても「ハズレ無し」、現在さまざまなイベントに引っ張りだこで、これから注目を集めるであろうバンドを是非その目で、耳で体験してみてください。
Ka Poi
時間 18:00~
ステージ 親水公園メインステージ

 

各会場を盛り上げるMC陣

【親水公園会場メインステージ】 葛西Chang <Kasai CHANG>
ギター一本様々なジャンルの音楽を独自のアレンジで歌い上げるフリーのソロシンガー。
現在はハワイアンシンガーとして活動中。
クムフラ「ブレイン・カマラニ・キア」から「pu’ukani kaulana」(名高き唄人)のハワイアンネームを授かり、彼のバンド「ケカニヴァイ」のオフィシャル日本人メンバー。
千葉テレビ4番組のパーソナリティなどを経て、現在は様々なハワイアンイベントやライブで歌とMCで活躍中。
葛西Chang
【ビビット南船橋会場アトリウム広場ステージ】 ジョナセン美香 <Mika JONASSEN>
ふなばしハワイアンフェスの第1回目から裏方で協力。今回、満を持してMCでの参加!
社会人ためのボイストレーニング、企業研修、イベントの企画・運営、後進の育成に携わっ
ている。
ジョナセン美香
【ららぽーと会場中央広場ステージ】 Nami <Nami>
本名・川口奈美子。
シンガーソングライター、TV リポーター、ナレーター、司会など数々の経歴を持つ。鎌ケ谷市出身。
子どもの頃から今も、買い物はららぽーとを中心に船橋で。2
012年よりNa Palapalai リーダー、KuanaTorres Kahele から本場Hawaiian の歌い方を師事。
本格ハワイアンファルセットシンガーとして活躍中。
Nami
【ららぽーと会場東の広場ステージ】 岡田 央 <Hiroshi OKADA>
2005 年ハワイアンファルセットコンテスト「RichardHo’opi’i Leo Ki’eki’e Contest」にて 日本人初のハワイ語賞と優勝の同時受賞を果たす。
2006 年ハワイにてCDをリリース。
2007 年ハワイのグラミー賞とも言われている「Na Hoku Hanohano Awards」において、日本人初のファイナリストとなる。
現在は日本を中心にアジア諸国でも、ウクレレ、歌のクラスを持ち、ハワイアンミュージックを通してハワイの素晴らしさを伝えている。
岡田 央
【ららぽーと会場かいだん広場ステージ】 nanaco <nanaco>
ふなばしハワイアンフェスティバルの階段ステージMC を務めるようになり、今回で3回目。
「今年も頑張ります!みなさん見に来てくださいね」
nanaco

 

ふなばしハワイアンフェスティバル2015 スケジュール

当日のステージのタイムテーブルはこちら☞
会場でふなばシルチケットOK

サイト内検索
イベント後援